命がけの証言(清水ともみ)

スポンサーリンク

命がけの証言(清水ともみ)

命がけの証言

この21世紀に民族弾圧を行っている国、それが中華人民共和国です。それを指導しているのが中国共産党という組織です。

詳しくは「命がけの証言(清水ともみ)」を読んでいただきたいです。

漢人はウイグル人に対して言葉にはできない程の非人道的な行為を行っています。

また、町中に張り巡らされた監視カメラによる徹底監視、各人の携帯へインストールされた監視アプリなど、21世紀における最新技術がその仕組みを支えています。

私は、これらの新疆ウイグル自治区で行われている民族弾圧の実態を知って絶句しました。

ウイグル自治区での不妊手術の件数

  • 2014年 3,214件
  • 2018年 60,440件

ウイグル人の人口

  • 2015年中国統計局の発表によるとウイグル人の人口は1130万人
  • 2020年外交官へのお土産品の説明にウイグル人の人口は721万人と記載

2015年からたったの5年で、400万人はどこへ消えたのでしょうか。

人権団体はウイグル問題を取り上げない

日本の人権団体のホームページを見て、ウイグル問題について何か発表があるか見てみましょう。

人権団体一覧

調べてみるとウイグル人の人権弾圧に関する記事を出している人権団体は確かに少ないです。

ヒューマンライツ・ナウが最も多く8件の記事を出していました。

ただし、ヒューマンライツ・ナウで「女性に対する暴力、女性の権利」を検索すると2020年に42件の記事が出てきます。

「命がけの証言(清水ともみ)」を読んでいただければ分かると思いますが、ウイグル人の女性の置かれている状況は、他国の女性が置かれている状況と比較になりません。本当に女性の権利が大事であるならば、最も過酷な状況に置かれているウイグル人女性の問題を最も多く取り上げるべきだと思います。

ヒューマンライツ・ウォッチでは、「搾取・強制労働・人身売買」で検索すると2013年の北朝鮮の記事2件しか出てきません。現在の中国で行われていることは「搾取・強制労働・人身売買」に当たります。

IMADR反差別国際運動はウイグル人の人権弾圧は差別ではないのでしょうか。新疆ウイグル自治区では、ウイグル人というだけで漢人から差別を受けています。

国際協力NGOセンター(JANIC)の掲げるSDGsの項目を2030年までに解決することを目指しているそうですが、まずは、ウイグル人の人権弾圧問題について、その解決方法を提示いただきたいものです。

自分にできること

中国共産党がウイグル人に行っている行為は決して許されるものではありません。私にできることは少ないですが、この本「命がけの証言(清水ともみ)」を周囲の人に勧めたり、SNSで発信したり、ブログに掲載したりして、できる範囲で情報発信をしていこうと思います。

スポンサーリンク