家づくりも情報戦3 家づくりの情報収集

家づくりも情報戦(Intelligence)でした。

ハウスメーカーの闇、日本住宅業界の闇、知らないと損することが「家づくり」にはたくさんあります。

私も情報発信をして、1人でも多くの人に「家づくり」を成功してもらいたいと願っております。

現在、私のマイホーム検討過程を記していますので、良かったら読んでください。

家づくりの新常識

家づくりにおいて、リビング、寝室、高度も部屋、全ての部屋にエアコンを設置する時代は終わりました。

リビングの床暖房はいらなくなります。

なんと、30坪くらいの家であれば、エアコン一台で家全体を暖められる時代がやってきました。

パッシブハウス

皆さんは「パッシブハウス」をご存知でしょうか?

日本にはPASSIVE HOUSE JAPANという団体があり、それによるとパッシブハウスとはこんな感じです。

地球のために、住む人のために、持続可能な家のことです。
床も壁も天井も高断熱と高気密。魔法瓶のような家は、冬は暖気を、夏は冷気を逃しません。
計算されつくした庇(ひさし)。
冬の低い太陽は、庇をくぐり抜けて、家を暖めます。
熱交換換気システムで、空気はいつもきれいなのに、熱だけリサイクル。
燃費がいい、環境にいい、デザインもいい、長持ちする、ハイブリッドな家。
エアコン一台でも家全体が暖かい。

エアコン一台で家全体が暖められます。信じられないですが、本当の話です。

パッシブデザインハウスとは

このパッシブハウスは認定を受けるために厳しい基準をクリアしなければいけないため、非常に高価になってしまい、一般の方は手が出せません。

そこで登場したのがパッシブデザインハウスです。

パッシブハウスに近づけようとして作った家がパッシブデザインハウスと呼ばれています。

建築系Youtubeチャンネル

まずは、パッシブデザインハウスの存在を知ることです。

次に、家づくりに関して正しい知識を身につける必要があります。

家づくりに関していっぱい勉強して、施主力を高めなければ、良い家は作れません。

動画で勉強するのが一番早いです。

おすすめの建築系Youtubeチャンネル

家の仕様(基礎、床材、外壁、屋根、断熱材、ベランダ、床下エアコン、証明計画、間取り、要望の伝え方、etc)についての解説動画を一通りチェックしましょう。

その他でおすすめのYoutubeチャンネル

お金のことは「住宅FP関根」や「モゲチェックチャンネル」が参考になります。

外構のことは「庭ファン【外構の大学】」が参考になります。

まとめ

まずは「パッシブデザインハウス」が何かを知りましょう。

次に、建築系Youtubeチャンネルをみて施主力を高めましょう。

情報収集は時間が掛かる

Youtubeの動画を見ているだけで、半年くらい経ってしまうと思います。

でも、最初にしっかり情報収集しておくと、家づくりの成功率が上がります。

家づくりは最初の情報収集が一番大切です。

次回は「自分の評価軸を持つ」について書いてみたいと思います。