Azure の基礎 その13 SLA とコスト

  • VirtualMachine
  • AzureDataBase
  • スポンサーリンク

    前回「Azure の基礎 その12 ID管理とコンプライアンス」の続きです。

    今回はラーニングパス「Azure の基礎 第 6 部:Azure Cost Management およびサービス レベル アグリーメントに関する説明」の概要を書いていきたいと思います。

    SLA

    "サービスレベルアグリーメント" (SLA) とは、サービス企業と顧客の間の正式な契約のことです。Azure では、この契約によって、Microsoft がお客様に対してコミットするパフォーマンス基準が定義されます。

    まずは、SLAを理解する上、重要な2つのこと「ダウンタイム」と「サービスクレジット」について説明します。

    パーセンテージとダウンタイムの関係

    SAL の記載でよく目にするのが、99.99% といったパーセンテージです。この数字がどんな意味を表すのか、表にしてみました。

    SLA 週間ダウンタイム 月間ダウンタイム 年間ダウンタイム
    99% 1.68 時間 7.2 時間 3.65 日
    99.9% 10.1 分 43.2 分 8.76 時間
    99.95% 5 分 21.6 分 4.38 時間
    99.99% 1.01 分 4.32 分 52.56 分
    99.999% 6 秒 25.9 秒 5.26 分

    とても簡単な例ですが、eコマースサイトを運営していて、1日の売り上げが平均100万円だったとします。

    SLA が 99% だった場合、月間7.2時間のダウンタイムとなりますので、約30万円の機会損失が発生します。ゆえに、クラウドでの設計においては、SLA が大切となります。

    サービスクレジット

    サービスクレジットとは、お詫びです。

    提示した SLA に満たなかった場合に Azure が該当月のリソース使用料金を割り引いてくれます。

    (例)同じリージョン内の 2 つ以上の可用性ゾーンにデプロイされた仮想マシン

    月間稼働率 サービスクレジット
    < 99.99% 10%
    < 99% 25%
    < 95% 100%

    この例では、SLA が 95% を下回ったら 100% を返金してくれるということです。

    サービスレベルアグリーメント(SLA)

    下記のワークロードにおける SLA を計算してみます。

    title

    各サービスの SLA は以下です。こちらのページで各サービスの SLA が確認できます。

    サービス SLA
    Azure Virtual Machines 99.9%
    Azure SQL Database 99.99%
    Azure Load Balancer 99.99%

    仮想マシンは2台あり、どちらも稼働していなければいけないという前提ですので、上記ワークロードの SLA 計算結果は以下となります。

    $$0.999\times 0.999\times 0.9999\times 0.9999=0.9978=99.78\%$$

    可用性を上げる事で SLA を向上させる

    仮に、複合 SLA の要求が 99.9 パーセントであった場合、要件を満たしていません。その場合の対策として、仮想マシンの可用性を上げる方法があります。

    Azure 仮想マシンの複数のインスタンスを複数の可用性ゾーンにデプロイする場合、仮想マシンの SLA は 99.99 パーセントに向上します。

    $$0.9999\times 0.9999\times 0.9999\times 0.9999=99.96\%$$

    コスト

    Azure には、TCO 計算ツールが存在します。

    これは実際に使ってみるのが早いですね。試しに、オンプレで WindowsServer の仮想マシン2台、SQLServer 1台を Azure へ移行した場合の料金を比べてみましょう。

    azure-learningpass-base13-2

    コストは10分の1以下になりました。Azure 移行は明らかにお得ですね(笑)。おそらく、私の入力した内容に不備があったのでしょう(Azure側にDBの料金がない)。

    単純に Azure の料金だけをみた時、WindowsServer の仮想マシン2台、SQL Database 1台を5年間運用して、約1,000万円ですから、1年間ですと200万円ですね。やはり、安くはないですね。

    最後に

    これにて、AZ-900 Microsoft Azure Fundamentals のラーニングパスは終了です。

    明後日の試験が受かるといいな〜。

    おしまい。

  • VirtualMachine
  • AzureDataBase
  • スポンサーリンク