Azure の基礎 その6 ストレージサービス

  • StorageAccount
  • スポンサーリンク

    前回「Azure の基礎 その5」の続きです。

    今回はラーニングパス「Azure ストレージサービスについて」の概要を書いていきたいと思います。

    Azure ストレージサービス

    Azure ストレージサービスのラーニングパスでは、以下の項目についての説明を行なっています。

    • Azure Blob Storage
    • Azure Disk Storage
    • Azure Files
    • Azure BLOB のアクセス層

    ラーニングパスを実施して、一つ一つのサービスの説明は何となく理解できたのですが、Azure ストレージサービスの全体像については、ぼんやりしたまま終わってしまいました。

    そこのところを、私なりに解説したいと思います。

    Azure ストレージサービスの全体像

    ストレージアカウント

    まずは、Azure ポータルでストレージアカウントを作ってみます。

    azure-larningpass-base06-1

    ストレージアカウントの位置付けは、各種ストレージサービスの包括的な管理グループと言えます。

    各種ストレージサービス

    ストレージアカウントの下位レイヤーに、各ストレージサービスが存在しています。

    • Containers(この中に BLOB つまり構造化データから非構造化データまで何でも格納できる)
    • File shares(いわゆるファイル共有ができる)
    • Tables(メタデータで定義された構造化、半構造化データを扱うことができる)
    • Queues(非同期メッセージをキューすることができる)

    Azure BLOB のアクセス層

    ストレージアカウントの Blob service に Lifecycle Management なる項目が存在します。

    試しに Lifecycle Management を設定してみるとこんな感じです。

    azure-larningpass-base06-2

    7日後に cool 層へ移動し、30日後に archive 層に移動し、100日後に delete されるというライフサイクルです。

    対象は Containers の中にあるファイルです。

    Azure Disk Storage

    Azure Virtual Machines 用のハイパフォーマンスで高度に堅牢性のあるブロックストレージです。

    AWS でいうと EBSボリュームですね。

    ですので、上記のストレージアカウントとはカテゴリーが違います。

    最後に

    今回のストレージアカウントに関するラーニングパスは概要のみの説明でした。これから実際に触ってもう理解を深めていきたいと思います。

  • StorageAccount
  • スポンサーリンク