RDS SQLServer に接続してみた

  • RDS
  • SQLServer
  • SQL
  • スポンサーリンク

    RDS SQLServer 接続前に準備しておくこと

    準備

    今回は RDS SQLServer について書いていきたいと思います。

    まずは以下を準備します。

    • RDS の SQLServer を構築
    • EC2(WindowsServer) を構築
    • 上記のサーバーに SSMS(SQL Server Management Studio) をインストール

    バージョン

    RDS SQLServer のバージョンは 2017 をベースとした以下にしています。

    rds-sqlserver-02

    WindowsServer は以下のコミュニティAMI から構築しています。

    rds-sqlserver-03

    接続 PORT 解放

    セキュリティグループにて、EC2 から SQLServer への接続 PORT を開放しておきましょう。

    RDS SQLServer の接続 PORT はデフォルトでは 1433 です。

    rds-sqlserver-04

    WindowsServer にて SSMS のインストール

    インストール方法はとても簡単です。

    こちらのダウンロードページから exe をダウンロードしてダブルクリックでインストールするだけです。

    以上までの環境は構築してある前提で進めます。

    SSMS で接続してみる

    接続情報の入力

    SSMS を使用して RDS SQLServer に接続するために必要な情報は以下です。

    • エンドポイント
    • ポート番号
    • マスターユーザー名
    • マスターユーザーパスワード

    SSMS を起動

    SSMS を起動しましたら、データベース接続情報の入力が求められます。

    rds-sqlserver-01

    以下のように入力しています。

    name value
    Server Type Database Engine
    Server Name koizumi-sqlserver.eu-west-1.rds.amazonaws.com, 1433
    Authentication SQL Server Authentication
    Login admin (master user)
    Password xxxxxxxxxxxx

    ポイントは Server Name の入力方法で、PORT 番号を末尾に記載するのですが、"カンマ" のあとに書くことに注意してください。

    接続開始

    接続が成功すると、SSMS の "オブジェクトエクスプローラー" が立ち上がります。

    title

    簡単な操作をやってみる

    接続するだけでは味気がないので、色々な操作を実行してみます。

    ユーザー(test01)を作成

    データベースを作成する権限(CREATE ANY DATABASE)のみを与えたユーザー(test01)を作成します。

    rds-sqlserver-06

    ユーザー(test01)で新たなセッション

    SSMS では複数セッションが可能です。下記の connect から新たな接続が開始できます。

    rds-sqlserver-07

    ユーザー(test01)のログイン画面

    接続方法は DataBase Engin を選択します。接続先のホスト名は先ほどの入力情報が記憶されていますので、ユーザー名とパスワードを入力するだけです。

    rds-sqlserver-08

    ログイン成功するとエクスプローラー上に、2つのセッションが表示されているのが分かります。

    rds-sqlserver-09

    ユーザー(test01)でデータベース(testdb01)を作成

    Database を右クリックで New Database を実行します。データベースを作成するだけならば、データベース名だけを指定すれば実行可能です。

    rds-sqlserver-10

    データベース(testdb01)作成できました

    データベースはすぐに作成されます。

    rds-sqlserver-11

    データベース作成時に自動的にユーザーが割り当てられている

    データベースを作成したサーバーロール(test01)と同じ名前のDBユーザー(test01)が作成され、マッピングされています。

    rds-sqlserver-12

    最後に

    SQLServer の操作はこの辺にしておきます。

    さて、今後は、Active Directory との連携や、仕事柄ですが監査設定について調べてみたいと思います。

  • RDS
  • SQLServer
  • SQL
  • スポンサーリンク